自動車ガラスの精密測定

CHRocodile センサーファミリー

近年、自動車ガラス業界は、形状と技術的特徴がますます複雑になるにつれて、フロントガラス検査のための新しい課題に直面しています。これらのラミネートガラスの形状と厚さは短いサイクルタイムで判別する必要があるため、触覚ゲージなどの従来の測定ツールはもはや適していません。

プレシテックの非接触光学測定技術は、品質管理に対するこれらの新しい要求に応えます。

形状と厚みの測定

触覚ゲージは、今日必要とされる基準に合わせてフロントガラスやその他の自動車用のガラス利用を測定するには、正確ではなく速度も十分ではありません。さらに、ガラス表面に触れると損傷が発生し、触覚ゲージはガラスの厚さをまったく測定できません。

対照的に、CHRocodile MPS マルチポイントセンサーは、色収差共焦点技術を使用して、非接触で自動車ガラスの 3D 形状と厚さの非常に正確な測定を行い、サイクルタイムを短縮して出力を高めます。

 

多層ガラス測定

フロントガラスは、PVB フォイルを間に挟んだ 2 層のガラスで構成されています。これにより、ガラスは非常に頑丈で事故時の安全性も高まります。ヘッドアップディスプレイを正しくイメージングするには、PVB フォイルの厚さと形状が重要な指標です。

CHRocodile IT は、ラミネートプロセスの前後にガラスと PVB のすべての層の厚さを正確に測定し、最終製品の品質を大幅に向上させます。そのため、CHRocodile IT はラミネートフロントガラスの検査に理想的なツールです。

コンフォーマルコーティングの厚さの検査

コンフォーマルコーティングは、組み立てられたプリント回路基板 (PCB) を湿気、ほこり、腐食からの保護や電気的絶縁層として使用されます。コーティングの厚さは 5 µmから3 mmまで変化する可能性があり、測定して、事前定義されたしきい値を超えないようにする必要があります。

最大厚さの値とコーティングの結果の形状に応じて、CHRocodile 2 K または CHRocodile 2 S のいずれかが検査に使用されます。これらのセンサーは、コーティングに損傷を与えることなく、コーティングの厚さを高速で測定します。反射率や下部の基板の形状にも影響を受けません。

自動車では、さらに多くのことが可能になります...

...数多くの製造ステップがあるからです。当社のレーザ技術は、精密に操作される完全自動生産システムをサポートし、最高品質の要件を満足することができます。

プレシテックの総合的なレーザ溶接と品質管理ソリューションのメリットをご確認ください。

 

 

3D 計測 - アプリケーションの概要

3D 計測 - 業界の概要

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

*必須事項