ディスプレイ製造での正確な非接触検査

家庭用電化製品向けの光学 3D 計測

スマートフォンやタブレットで使用されるコーティングされた超硬化スクリーンガラスは、最高の品質基準で製造する必要があります。傷や亀裂があれば取り付け前に検出し、ディスプレイガラスの平面度は高い精度で測定しなければなりません。

このように困難なタスクを高速かつ高精度で実行するために求められる、まさにぴったりの非接触光学計測をプレシテックがお届けします。

ディスプレイガラスの平面度検査

ディスプレイはスマートフォンの外観と質感に決定的な影響を与えます。そのため、ディスプレイガラスの平面度を製造プロセス中にインラインで検査する必要があるのです。

Flying Spot Scanner を使用すると、事前定義されたさまざまな場所をインライン測定することができ、ディスプレイの表面全体をスキャンする必要はありません。

数 µm 以内での高い再現性を誇る Flying Spot Scanner は、最高 3 m/s で通過するサンプルの検査に最適です。保護フィルムを貼り付けたままであっても問題ありません。

詳細は Flying Spot Scanner 製品動画をクリックしてください。

傷と亀裂の検出

ディスプレイガラスには、数 µm 程度の傷や、最大 100 µm の欠陥がある場合があります。

CHRocodile CVC 色収差ラインスキャンカメラは、色収差共焦点技術を使用して、わずか数 µm 幅の傷を検出します。

この計測原理により、優れた被写界深度を可能にし、焦点面に対するサンプルの位置について高い許容度を実現します。

この高速カメラは、最大 140 kHz のサンプルレートという非常に短いサイクルタイムでインライン測定を行います。

CHRocodile CVC に関する詳細は製品動画をご覧ください。

ディスプレイ曲率検査

スマートフォンの表面および背面ガラスのディスプレイ曲率は、電話の全体的な質感にとって重要な要素となります。高い品質基準を満たす必要があり、中でもガラスと筐体のギャップは重要です。

高角度でも使用できる CHRocodile CLS は、特にこの検査に適しています。このデバイスではさらに、反射ガラスやさまざまな金属面などあらゆる表面物質を測定できるほか、背景は明るくても、暗くても、色が付いていても測定可能です。

高い側面分解能 (最大 1 µm) により、ステップ高さとギャップ距離をこの上なく正確に測定できます。

詳細は CLS 製品動画をご覧ください

家庭用電化製品の分野で、さらに多くの製品をご用意 …

... ここでは複数の製造段階が当たり前となっているためです。当社のレーザ溶接および切断技術は、完全に自動化された生産システムもサポートし、最高品質の要件を満たします。
 

プレシテックの総合的なレーザ溶接と品質管理ソリューションのメリットをご確認ください。

 

3D 計測 - アプリケーションの概要

3D 計測 - 業界の概観

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

*必須事項