航空宇宙産業におけるアディティブ・マニュファクチャリング

柔軟性と効率の向上とコスト削減

航空宇宙産業は、アディティブ・マニュファクチャリングの適用が進んでいる産業のひとつです。 製品の軽量化は重要な要求のひとつですが、アディティブ・マニュファクチャリングにより、設計と製造へのまったく新しいアプローチが可能となります。 これは特に、特定の部品の修理やリワークなどの工程に当てはまります。 アディティブ・マニュファクチャリングにより、ほぼすべての形状部品を製造できます。従来の製造プロセスでは、特にバイオニック構造のような形状の製造には限界がありましたが、金属粉末やワイヤを使用した指向性エネルギー堆積法(DED)プロセスの革新的な開発により、半製品や中間構造に複雑な構造がある部品も製造できるようになります。その結果、最終的な形状に近い部品が低コストで製造できるようになります。 

 

MRO(Maintenance&Repair&Overhaul)の観点からも、アディティブ・マニュファクチャリングは大きなメリットをもたらします。 部品は「オンデマンド」で製造できます。 そのため、在庫を削減、もしくは完全になくすことができます。さらに、メンテナンス会社は、例えば緊急用のスペアパーツの生産設備を適切なレベルに抑えることができます。これにより、輸送距離と配送時間が大幅に短縮されます。 

従来の製造プロセスと比較した場合、アディティブ・マニュファクチャリングでは部品のコストが生産数に依存しないという特長があります。 つまり、特に少量生産の場合の経費が抑制できます。

バッチサイズに依存しない、「複雑さからの解放」、および個別設計がアディティブ・マニュファクチャリングの大きな特長です。

航空宇宙工学 — 要求にマッチする製品

プレシテック IDM

プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。…

CoaxPrinter

CoaxPrinterは、フィリグリー構造から複雑な構造や形状まで、アディティブ・マニュファクチャリングの幅広いアプリケーションに対応できます。…

金属粉末でのレーザ肉盛溶接用ヘッド YC30 | YC52

パウダー用の特殊ノズルを備えた当社のレーザ肉盛溶接用ヘッドにより、さまざまな用途でレーザクラッディングが可能になります。ピットの発生がほとんどない高耐用性の積層をあらゆる方向において形成することができます。代表的なアプリケーションは、腐食および摩耗保護層の形成、修…

レーザ溶接 – 用途の概観

レーザ溶接 – 適用業界

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項