イノベーションの余地

産業用アプリケーションでの成功

イノベーションは未来を意味します。私たちは、何か新しいものを作成し、そして確立できるように、多くのことを行っています。 たとえば、売上の15%以上を研究開発に投資しています。 これは、フォトニクス、メカトロニクス、画像処理、光学、人工知能、製造業におけるモノのインターネット(IIoT)、またはインダストリー4.0などの新しい技術に関して、私たちがすぐに対応できることを意味します。

 

 

イノベーションを産業界で適用可能に

私たちの大きなチャレンジは、技術的な可能性を信頼性の高い工業製品に発展させることであると考えています。 私たちは、イノベーションは産業用アプリケーションにおいて機能した場合にのみ成功したと考えます。 それは実験室での一度の成功ではなく、実際の環境において数百または数千回にわたって確実に証明される必要があります。 100,000を超えるレーザ光学部品と計測機器の開発、製造、サポートにおける数十年の経験は、当社の貴重なノウハウであり、世界中のお客様から高く評価されています。

イノベーションの創造

もちろん、開発部門はAGILやSCRUMなどの最新のツールや手法を使用しています。 私たちは、成長、創造性、そして問題を解決する能力を可能にする環境を創造するよう努力しています。 開発スタッフは各種学会や見本市の発表者であり参加者です。 お客様が将来の最もエキサイティングなトピックについて私たちと一緒に取り組んでいるため、お客様と直接会話することがとても重要です。 世の中のチャレンジ(課題)を理解した場合のみ、最適なソリューションを提供できます。

 

イノベーションの余地 – 革新的なアイデアを生み出す「INCUBATOR」

このアイデアは、2018年に産業のデジタル化とネットワーキングの分野におけるさまざまな開発を行うために生まれました。 そこで、数ヶ月でカールスルーエの中心部にスタートアップのような雰囲気をもつ、いわゆる「INCUBATOR」が誕生しました。 学生や若いエンジニア達がこの場所で、将来のレーザプロセスのコンセプトに取り組んでいます。 製造業におけるモノのインターネット(IIoT)、機械学習(ML)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティング などの最先端のITテクノロジーが開発され、産業用アプリケーションに導入されています。このチームは、カールスルーエの「KIT」などのさまざまな研究機関と緊密に連携しています。

 

ネットワークを通じたイノベーション

プレシテックは何十年もの間、ドイツ国内またはEU内の公共研究プロジェクトに参加してきました。 基礎研究分野では、研究機関や他の企業とのパートナーシップによる戦略的な連携が、最新の技術開発を実際の産業界で適用するという目標を迅速に達成できると確信しています。

 

プレシテックの詳細

 

会社概要

プレシテックは、地元に根付き、グローバルに活動する会社です。何が重要か確認してください。

 

 

ミッションステートメント

家族経営の企業として、私たちは長期的視点で、そして人々と環境に対して特別な責任を負っていると考えています。 成功のための協業という私たちのコンセプトをご覧ください。

 

 

責任

私たちのテクノロジーはグローバルな課題に対するソリューションを提供し、私たちの運営方針は私たちの周りの人々に安心感を提供します。 感動を与えましょう。

 

 

マネージメント

独立した家族経営の企業として、私たちはお客様と従業員を念頭に置いています。 詳しくはこちらをご覧ください。

 

お客様からのご質問に喜んで対応させて頂きます。

*必須事項