自動車産業におけるレーザ切断

多様なカスタム切断でも柔軟に対応

個性が重視される時代において、自動車産業では工程変更の管理がかつてないほど重要になっています。どのメーカーもできるだけ少ない工数で多種多様な車種を生産しようとしているため、変更管理が必要となります。しかし、多様な生産を経済的に実施するため、工程変更は可能な限り後工程で行いたいという要望があります。

 

車体製造では、シートメタル面のカットアウトによりさまざまなバージョンがあります。たとえば、自動車産業では、レーザ光でアンテナ用の穴、ブッシングや外装部品取り付け用の穴が切断されます。このようなカットアウト作業では高い切断品質が要求され、構造や形状についても精度が求められます。

優れた自動化機能により、複雑な部品形状や成形部品にも対応できます。特に自動車部品業界では、レーザ切断を活用してさまざまな切断形状を実現します。

自家用車や商用車など自動車産業では、レーザ切断により、切断面の修正を行うことなく、高品質、高精度、かつ高速の切断作業を実現できます。何よりもまず、この柔軟性の高いツールにより、可能な限り後工程でも市場が要求するさまざまな工程変更を可能にします。

 

プレシテックは自動車産業において多くのことを可能にします。

最適なトータルソリューションの構築に向けて、レーザ技術と 3D 計測 の二つの分野で緊密に連携しており、お客様の期待以上のソリューションを提供致します。関連するすべての技術領域における私たちの専門知識と経験を結集することが、多くの生産プロセスを最適化する際に役立つと考えています。

広範囲にわたるノウハウにより、どのようなメリットを享受できるかご覧ください

レーザ切断 – 適用業界

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項