機械工学におけるレーザ材料加工

効率的な切断ヘッドを装着したレーザ切断機による生産の将来

さまざまな材料でできた各種サイズの半製品および完成部品は、フラッドベッド切断機やパイプ切断機で生産されます。これらの部品は、例えば、機械や産業エンジニアリング、商用車、建設機械などで使用されるものです。レーザ切断は、家具の生産でも利用されています。

高出力のレーザ光源が安価に利用できるようになったことで、レーザ材料加工の新たな可能性が広がります。このような用途にプレシテックの切断ヘッドが選ばれており、優れた出力安定性を特長としています。また、スマートプロセスモニタリングを利用すれば、最終製品の生産性と品質が大幅に向上します。

 

プレシテック製品には次のような特長があります。

  • 優れた切断面品質、および加工表面品質
  • 自動化、プロセスの専門知識、およびスマートシステムエンジニアリングによる生産性の向上 
  • 消耗部品の最適利用による材料の有効活用で、耐用年数を最大限に延長
  • 堅牢な製品設計と信頼性の高いプロセスモニタリングの組み合わせによる安定したプロセス

 

レーザ切断 – 適用業界

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項