微細加工における高精密レーザ切断

最高品質の要件を満たす材料加工

医療や精密工学の用途では、切断幅20 µmよりはるかに微細な精度が求められる場合があります。このような用途では、最高品質の切断面によってきわめて精細な部品の生産を可能にするレーザが最適なツールです。照射される熱エネルギーがごくわずかであるため、損傷しやすい部品への熱的、および機械的ストレスが小さくなります。2Dや3Dのレーザ切断システムでは、さまざまな切断角度において精密で柔軟にレーザ切断が実行できます。

 

代表的な用途例としては、医療産業のステントといった超微細構造のレーザ切断や、時計製造業や精密機器産業向けの高品質なステンレス鋼、非鉄金属、セラミックでできた極微小機械部品のレーザ切断などがあります。このような目的のためには、精密な軸を備えた機械的、熱的に安定したシステムが利用されます。小さいスポット径を実現するためには、微調整が可能な優れた光学設計と、それに対応するカメラ技術を内蔵した光学的位置調整機能が必要となります。プレシテックのレーザ切断光学部品は、固体レーザを用いた連続運転や、超短パルス範囲のさまざまなレーザ波長に適しています。

 

 

FineCutter - 複雑な3D部品でもバリのない切断

FineCutterは、微細加工においてレーザ切断アプリケーション向けの汎用性の高いソリューションを提供します。2Dレーザ切断システムと3Dロボット用途において、きわめて微細な形状と滑らかでバリのない切断表面を実現します。

 

FineCutter

レーザ切断 – アプリケーション一覧

微細加工 — 業界の概観

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項