fileadmin/Home/3d-messtechnik/technology/CHRomatisch_Konfokal_1920x768.jpg
CHRomatic Confocal Prisma

色収差共焦点技術

ほぼすべての材料の超高速距離測定

色収差共焦点技術の動作原理

多色光源が対象の物体の表面を照らします。この光は、波長に応じて異なる距離で集束されます。非常に狭い波長範囲の光のみが測定対象の表面に集束され、残りの光は、同心円状にこの集束点の周囲の広い領域に分布します。光学システムに反射して戻る集束光の波長を決定することにより、最大 70 kHz、ナノメートルの分解能で非常に正確な距離測定が可能です。距離は測定範囲で色分けされ、光ケーブルでセンサーユニットに接続されている光学プローブが測定範囲またはスペクトルの焦点深度を判別します。

プローブの高い開口数とセンサーのダイナミックレンジにより、ほぼすべての材料を測定できます。この測定技術は、すべての環境で、一般的なレーザベースの三角測量法よりもはるかに信頼性が高くなっています。

色収差共焦点センサーの利点

  • 最大 70 kHz の高速インライン検査
  • パッシブ光学プローブ - コンパクトでパッシブ、摩耗なし
  • 可動部品なしの色収差深度スキャン
  • あらゆる種類の材料で測定可能 - 吸収性または着色、拡散性または反射性、粗い表面または研磨面
  • シャドウイング効果を回避
  • 非常に高いスロープ許容度と高い開口数: 反射面では最大 45°、拡散面では 80° 超
  • 非常に高い Z 軸の分解能と精度

色収差共焦点センサーのメリットについて詳しくは、製品の詳細ページをご覧ください。

色収差共焦点センサー

CHRocodile 2S | 2SE | 2S HS

  • あらゆる種類の表面と材料に対応します
  • シャドウイング効果なし
  • インライン測定に最適
  • 高角度での測定
  • 測定作業に最適の光学プローブ

CHRocodile CVC

  • 高い側面分解能
  • あらゆるタイプの素材で高いコントラスト
  • 高速
  • あらゆる種類の測定タスクに対応する交換可能なプローブ

CHRocodile CLS | CLS HS

  • シャドウイング効果なし
  • 卓越した側面分解能
  • 卓越した品質の高開口数光学プローブ
  • 高速
  • 角度付きバージョン

光計測のさらなる技術

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

*必須事項