アディティブ・マニュファクチャリングによる修復と摩耗保護

部品の耐用年数延長と新規部品の購入を節約

部品や金型を利用していると、最も接触の多い箇所が摩耗してきます。特にこのような箇所で材料が摩耗すると故障につながります。レーザ肉盛溶接は、高品質の部品や金型を修復し、最適化された層を追加する有効な方法です。

 

このプロセスでは、レーザを使用して材料の表面を局所的に加熱すると同時に粉末またはワイヤの状態で材料を追加します。一般的に、これは部品の形状を修復するために用いられます。また、高応力が発生する部分も、耐摩耗性をもつ硬質の層で部分的に補強します。補強することにより、損傷した部分や摩耗した部分だけを修復するので、部品の耐用年数が延び、コストが大幅に節減できます。

 

金型製作のほかに、最もよく知られている修理部品には軸、ベアリング、エンジン用部品、羽根などのタービン用部品などがあります。使用されるフィラー材料には、材料特性が同じであるか、耐腐食性や耐摩耗性に優れた合金が使用されます。

摩耗保護 — 要求にマッチする製品

プレシテック IDM

プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。…

金属粉末でのレーザ肉盛溶接用ヘッド YC30 | YC52

パウダー用の特殊ノズルを備えた当社のレーザ肉盛溶接用ヘッドにより、さまざまな用途でレーザクラッディングが可能になります。ピットの発生がほとんどない高耐用性の積層をあらゆる方向において形成することができます。代表的なアプリケーションは、腐食および摩耗保護層の形成、修…

レーザ溶接 – 用途の概観

レーザ溶接 – 適用業界

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項