ガラスのインライン肉厚測定

CHRocodile センサーファミリー

CHRocodile センサーは、多面的な応用領域で、任意の色または表面構造のガラスの厚さとトポグラフィーを測定します。これらのセンサーは、検査機のコンテナガラスの肉厚測定や、ディスプレイガラスやパイプガラスのゲージ測定で業界標準になっています。

ボトルの円形偏差、ホットクォーツパイプの壁の強度、または製造済みのサンドイッチ層の機能フォイルは、簡単に判別できます。また、ガラス温度が 1,700°C であっても、センサーは熱くなり過ぎることはありません。

ガラスボトルの肉厚と形状の測定

破損したりユーザーがケガをしたりしないように、すべてのガラスボトルの肉厚をチェックする必要があります。そのようなセンサーは、堅牢でコンパクト、正確でなければならず、過酷な産業環境で動作する必要があります。

インライン CHRocodile MPS マルチポイントセンサーは、ホットエンドでも、コンテナのさまざまな部分の表面形状、全体形状、肉厚を測定します。

チューブガラスの肉厚と真円度の測定

ガラス管は、バイアル、アンプル、シリンジの製造のために医療業界で使用されています。医療業界における厳しい品質管理と規制を考慮して、肉厚は非常に正確に制御する必要があります。

インラインおよびオフラインの検査環境で、CHRocodile 2 IT は、コールドエンドとホットエンドの両方の製造において、チューブの肉厚と真円度を正確かつ迅速に測定します。

板ガラスの厚さをインラインで測定

CERAN® および TFT ガラスの製造には、製造中の高温ガラスの厚さとうねりの正確な測定が必要になります。CHRocodile MPS センサーを使用すると、インラインの厚さ測定を実行できます。

同時に、高温ガラスの厚み測定、うねりの測定、検査が実行可能です。堅牢な光学プローブと耐久性のあるコントローラーは、過酷な産業環境でのアプリケーションに最適です。

小さな医療用コンテナガラスの表面形状の測定

医療用の小さなコンテナガラスのクリンプネックの厚さ、プロファイル、開口部の直径を測定することは、ボトルの開口部が小さく、片側測定しかできないため、困難です。

このようなコンテナの難しい表面形状にもかかわらず、CHRocodile 2 DPS は、クリンプネックの厚さと、内側と外側のプロファイルを距離データで測定するため、理想的なソリューションです。全周をスキャンし、開口部の直径を内側の距離データから判別できます。最後に、コンテナのたわみと肉厚を測定できます。

3D 計測 - アプリケーションの概要

3D 計測 - 業界の概要

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

*必須事項