ギア生産におけるレーザ溶接

自動化によるプロセス品質の向上

最近ではギア数が8~10段と段数がかなり少なくなっています。そのため、車内で必要となる組立スペースも減ってきています。ギア生産が現在のサイズと性能にまで発展してきた背景には、多くの点でレーザ溶接の存在があります。

レーザとは、「発展を実現する技術」と表現することができます。非常に狭いスペースでも構成部品を高精密かつ高強度で接合できる接合方式はレーザ溶接だけです。レーザの強みを活かすには、接合点を正確に捉えることが重要で、ほんの0.1 mmでもずれがあると、構成部品の故障につながるおそれがあります。

 

WeldMaster 4.0 Trackでは非接触で接合位置を特定でき、それによってレーザ光の位置を必要な精度で調整することができます。データがすべて記録されるので、位置エラーがあるとただちにシステムにエラー信号を送信します。本システムの利用により、お使いの溶接システムで「IO部品」に関するアウトプットが増加するとともに、生産した製品の品質情報を記録します。

 

IDMは産業界において適用実績があります。本システムは、溶接部全体にわたって各パーツの溶接深さを溶接中に測定します。全数検査することによって生産の信頼性が大幅に向上するほか、欠陥のある溶接部を早期に検出できるようになります。

測定値を分析したあと、位置データとともに情報をWeldMaster 4.0 Trackシステムに保存します。測定はオンラインで行うため、破壊試験に使用する部品数が著しく減少し、装置の生産性が向上します。

パワートレイン — 要求にマッチする製品

WeldMaster 4.0 Track

WeldMaster 4.0…

プレシテック IDM

プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。…

レーザ溶接 – アプリケーション一覧

パワートレイン – 業界の概観

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項