量産向けのリモートレーザ溶接

リモート溶接、すなわちスキャナー溶接とは、きわめて柔軟で、経済的なレーザ溶接のことで、集光距離が長く、動作範囲も大きくなります。レーザビームを、高速に動作する複数の偏向ミラーに反射し、ワーク上に照射します。加工装置やワークを移動する必要はないため、加工領域内で高精度かつ迅速な溶接を実現できます。非常にダイナミックな動きにより非生産時間がほとんど削減されるので、生産性が向上します。

 

プレシテックでは、1Dのソリューションから広範な2.5Dのスキャナー加工システムまで、各種のリモートレーザシステムを提供しています。ScanWelderを使用すると、用途に合わせた幅や深さでレーザ出力を行うことができるようになります。このため、特にアルミニウムの溶接において、最適な溶接シームを実現することができます。eモビリティでは導電性と気密性が重要な条件ですが、ScanMasterは、条件の変化が激しいバッテリーの量産時に利用する倣い機能、部品位置の検出、およびプロセスモニタリングによるトータルソリューションを提供します。

連絡先

 

生産性がきわめて高いスキャナー溶接

  • リモート加工による高精度で再現性のある生産

  • 部品の認識およびオートフォーカスによるプロセスの安定化

  • インテリジェントなプロセスモニタリングと制御により加工信頼性の向上

    ScanMaster

 

アルミニウムのリモートレーザ溶接

  • フィラーワイヤを使用しないコスト効率の高いレーザ溶接
  • アプリケーションに適したレーザ出力制御により最適な溶接シームの実現
  • プロセスの安定性向上

 

ScanWelder

 

レーザ溶接 – 業界の概観

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項