レーザ肉盛溶接による補強

耐用年数延長のための部分的な肉盛り層

レーザ肉盛溶接は、現代の生産やメンテナンスで使用されるコーティングプロセスです。航空宇宙産業、造船業、発電、工具・金型産業では、肉盛溶接を利用して、高い応力が発生する部品表面の最適化や修復を行います。

最適化された層を肉盛りすることで、部品の応力が最大になると想定される箇所を補強します。このような方法により耐用年数を延ばし、コストを削減することができます。さらに、層の材料となる合金によっては耐食性や強度といった特性の改善も可能です。

 

高品質な部品や高価なツールの修復も、肉盛溶接にとっては重要な分野です。このプロセスでは、材料の表面をレーザで部分的に加熱すると同時に材料を追加します。部品の形状と特性が回復し、機能を完全に元に戻すことができるようになります。

 

溶接加工ヘッドYC30/YC52は、金属粉末を使用することにより、効率性と柔軟性が優れたレーザ肉盛溶接が可能となり、さまざまな用途に対応できるようになります。ピットの発生がほとんどない高耐用性の積層をあらゆる方向において形成することができます。IDMでは、肉盛層の高さをレーザ肉盛溶接中に測定することができます。

プレシテックでは、ワイヤを用いたレーザ肉盛溶接向けにCoaxPrinterを提供しています。この革新的なビーム成形機能により、加工プロセスへの同軸でのワイヤ供給が可能となります。このことにより、方向にまったく依存しないプロセス制御がさまざまな材料で可能となります。ワイヤを使用することで材料が完全に利用できるため、ワイヤを用いたアディティブ・マニュファクチャリングでは取り扱いが容易になり、効率が向上します。その結果、生産性も向上し、加工後の表面もきれいな状態に仕上げる事ができます。

肉盛溶接 — 要求にマッチする製品

CoaxPrinter

CoaxPrinterは、フィリグリー構造から複雑な構造や形状まで、アディティブ・マニュファクチャリングの幅広いアプリケーションに対応できます。…

金属粉末でのレーザ肉盛溶接用ヘッド YC30 | YC52

パウダー用の特殊ノズルを備えた当社のレーザ肉盛溶接用ヘッドにより、さまざまな用途でレーザクラッディングが可能になります。ピットの発生がほとんどない高耐用性の積層をあらゆる方向において形成することができます。代表的なアプリケーションは、腐食および摩耗保護層の形成、修…

レーザ溶接 – アプリケーション一覧

肉盛溶接 – 業界の概観

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項