精密工学におけるレーザ切断

最高品質の精密加工

超微細機械部品の生産には、パルスファイバレーザと固体レーザを使用します。

レーザを用いた微細加工は柔軟性が高く、単一部品の生産にも最適です。レーザの金属ワークへのレーザの照射時間は非常に短いため、部品が熱で歪むことがありません。その結果、スリット幅やさん幅が最大10 µmの高品質で高精度のブランク抜きや形状が得られます。

用途例としては、食品産業向けのスクリーン、電気産業向けのコンタクト、自動車産業や医療技術向けの薄板などがあります。

レーザ切断 – 適用業界

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項