医療コンポーネントの品質保証

CHRocodile 光学センサー

医療用バルーンの正確な壁強度は、治療の成功にとって重要です。眼鏡用ガラスやコンタクトレンズの加工には、考え得る最高度の精度が不可欠です。屈折矯正眼科手術では、眼球運動を正確に補正することが不可欠です。これらの 3 つの例は、医療技術アプリケーションで重要な品質管理と正確な追跡がどのように見つかるかを示しています。

プレシテック CHRocodile 光学センサーは、医療コンポーネントの非接触距離と層厚を高精度で測定します。最高の精度で、ガラスの厚さ、ガラスのスクラッチ防止コーティング、ブリスター、成形、レンズ、および人工関節やステントを測定します。

プレシテック EyeTracker は、屈折矯正眼科手術を成功させるための前提条件を提供し、最大 6 次元での高速アイトラッキングを実現します。すべてのプレシテック EyeTracker は、ISO 13485 / ISO 9001 の認証を受けており、医療業界の厳しい品質要件を満たしています。

IOL とレンズの厚さの検査

眼内レンズ (IOL) は人の眼球の内部に配置され、コンタクトレンズは眼球の表面に配置されます。どちらの場合も、レンズの曲率と厚さが屈折効果を決定するため、レンズの有効性にとって重要です。

プレシテック CHRocodile CLS 共焦点ラインセンサーは、レンズの中心厚とその曲率の測定に適しています。

 

IOL とコンタクトレンズの欠陥の検出

IOL やコンタクトレンズの重要な品質基準として、実装前に検出されないと問題を引き起こしてしまう、人の目に見えない傷や他の欠陥がないことが必要になります。

プレシテック Chromatic Vision Camera (CVC) は、傷やその他の欠陥を迅速かつ確実に検出し、レンズの直径と IOL 機能の寸法を制御するのに適しています。 

 

ステントの総合的な検査

血管に留置されたステントは、寸法検査とストラット検査を受ける必要があります。ステントの複雑な形状と構造は、他のセンサーシステムの課題です。

ただし、CHRocodile CLS 共焦点ラインセンサーは、ステントの全表面をすばやく測定することにより、これらすべてのパラメーターの包括的な検査を実行できます。

 

バルーンの肉厚の測定

医療用バルーンに使用される素材は、厚さがわずか 50 µm 〜 150 µm の乳白色の不透明なプラスチックです。医療業界の厳しい要件により、このような厚さ測定では高度な精度が要求されますが、これは色収差共焦点技術では実行できません。

CHRocodile IT シリーズは、この困難な作業に最適です。コスト効率の高いソリューションは CHRocodile 2 S であり、色収差モードから干渉モードに切り替えることができ、半透明のバルーンに適したセンサーになります。

 

3D 計測 - アプリケーションの概要

3D 計測 - 業界の概要

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

*必須事項