シート生産におけるプロセスモニタリングと安全性

製造工程における品質モニタリング

自動車のシートは、車両と乗員との間の機械的なインターフェースです。シートは自動車乗員の安全性にとって重要な役割を果たすことから、シート部品の生産には品質モニタリングを伴う信頼性の高い自動化製造工程が不可欠です。

この生産では、レーザ溶接のプロセスが重要な要素となります。レーザ溶接プロセスは慎重に構築、評価、実施されるべきものですが、そこにバラツキがあると部品に不具合が発生することが多いため、リスクの原因になります。

 

LWMは工業生産での量産時のオンラインプロセスモニタリングに使用されますが、レーザ溶接シームの品質と生産性に関する多くの情報を認識し、記録します。シート部品ごとの測定結果を記録する事ができ、何年後でも結果をトレースすることができます。

 

IDMシステムでは、溶接プロセス中に溶接深さを測定できます。実際の溶接深さはシームの耐荷重に決定的な影響を与えるため、安全性に直結します。

さらに、溶接深さを調節することも可能です。ユーザーは通常のようにレーザ出力を指定するのではなく、溶接深さの目標値を指定します。 IDMシステムはレーザ出力を調整し、指定された溶接深さの値で安定した溶接を行います。

 

シート生産 — 要求にマッチする製品

プレシテック IDM

プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。…

レーザ溶接モニターLWM

「レーザー溶接モニターLWM…

ScanWelder

溶接シームはレーザビームのスキャニング動作により影響を受けます。例えば隅肉溶接の場合、上部シートへ照射されるレーザ出力は大幅に高くなりますが、ScanWelderでは照射されるレーザ出力を調整することができます。ScanWelderでは、一軸のスキャニング動作の折…

レーザ溶接 – アプリケーション一覧

シート生産 – 業界の概観

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項