プロトタイプにおけるアディティブ・マニュファクチャリング

開発時間と開発費の削減    

新しい顧客のニーズは、イノベーションによって、迅速に満たすことができます。プレシテックの目標は、新しく改善された特性・機能をもつ製品を、可能な限り競合他社に先駆けて市場に投入することです。アディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)方式により、開発プロセスが加速するとともに、顧客の個々の要望にきわめて柔軟に対応することが可能になります。

 

「ラピッドプロトタイピング」とは、アディティブ・マニュファクチャリングにおける技術的試作手法です。このプロセスではモデルやプロトタイプを製作しますが、そこにはまだ製品の最終的な特性が含まれていません。製作された部品には、最終製品のアプリケーションや個別に要求される特性だけが備わっています。このようにして、採算性が合う小規模生産が可能になります。

 

さらにアディティブ・マニュファクチャリングを利用すれば、複雑な部品であっても同一の生産工程で製造できます。生産が簡素化されることで、リソースの節約になります。  

特に、自動車産業、航空宇宙産業、工具製造業においてラピッドプロトタイピングが注目されています。「製品化に要する時間(time-to-market)」が短縮されると、作業量は同じでも開発コストが削減されるため、全体的なコストの削減に直接貢献することになります。

プロトタイプ溶接 — 要求にマッチする製品

プレシテック IDM

プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。…

CoaxPrinter

CoaxPrinterは、フィリグリー構造から複雑な構造や形状まで、アディティブ・マニュファクチャリングの幅広いアプリケーションに対応できます。…

レーザ溶接 – 用途の概観

レーザ溶接 – 適用業界

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項