IDM

レーザ溶接 - プロセスモニタリング

プレシテック IDM

リクエスト

レーザ溶接中の溶接深さ測定とコントロール

IDM
IDM
IDM
IDM

アドバンテージ

  • 溶接深さのオンライン測定

    プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。 IDMは、レーザ溶接プロセス全体を通じて連続的な品質モニタリングを実行します。これにより、費用と時間のかかる溶接断面の分析や破壊試験を最小限に抑えることができます。
  • 100%のドキュメント化、可視化とトレーサビリティ

    溶接プロセス中に記録された測定データは、100%品質管理に使用されます。上限と下限を設定することにより、その値を超えた場合、システムコントロールやオペレーターに即時アラームを送信できます。溶接の欠陥はすぐに検出され、適切なタイミングで修正することができます。コンポーネントIDと紐づけたデータ保存により、何年後でもトレーサビリティが可能になります。これは、溶接シームの品質と生産性に関するデータの収集、評価、ドキュメント等が自由に利用でき、総合的な決定・判断を行なえることを意味します。 
  • 溶接深さの自動コントロール

    IDMでは溶接深さの測定だけではなく、溶接深さをコントロールすることができます。連続して測定される溶接深さの値はターゲットの値と比較され、レーザ出力を調整することで、溶接深さをリアルタイムでコントロールすることができます。このため、要求の厳しい安全性に関わる部品のレーザ溶接においても、信頼性と再現性の高い溶接シームを実現することができます。提供されるパッケージにはユーザーフレンドリーで直感的なソフトウェアソリューションが含まれています。 
  • リワークや不良品の削減

    溶接深さの絶対値の測定することにより、不良品を確実に識別し、自動排出を行うことができます。また、リワークに関わるコストを最小限に抑えられるというメリットもあります。 

テクニカルデータ

  • 測定位置精度:50 μm以下 
  • 測定レンジ: 約10 mm
  • サンプリングレート: 70 kHz
  • インターフェース: Ethernet, RS-422, 2x アナログ出力 (0-10V)

生産性改善のためのサービス

メンテナンス
メンテナンス

もっと見る

スペアパーツサービス
スペアパーツサービス

もっと見る

ホットライン
ホットライン

もっと見る

トレーニング
トレーニング

もっと見る

もっと見る プロセスモニタリング

WeldMaster 4.0 Scan&Track

WeldMaster 4.0…

WeldMaster 4.0 Scan&Track&Inspect

WeldMater…

ScanWelder

溶接シームはレーザビームのスキャニング動作により影響を受けます。例えば隅肉溶接の場合、上部シートへ照射されるレーザ出力は大幅に高くなりますが、ScanWelderでは照射されるレーザ出力を調整することができます。ScanWelderでは、一…

WeldMaster 4.0 Inspect

WeldMaster 4.0…

WeldMaster 4.0 Track

WeldMaster 4.0…

レーザ溶接モニターLWM 4.0

「レーザー溶接モニターLWM…

これらのセクターもご覧ください

レーザ溶接ヘッド YW30 / YW52

溶接光学系のシンプルな構成もしくは非常に複雑な構成のどちらが必要であっても、当社はお客様の設計仕様とご要望を満足することができます。モジュール構成により、柔軟な構成オプションとシステムへの簡単な組込みが可能になります。当社の溶接ヘッド…

金属粉末でのレークラッディングヘッド YC52

パウダー用の特殊ノズルを備えた当社のレーザ肉盛溶接用ヘッドにより、さまざまな用途でレーザクラッディングが可能になります。ピットの発生がほとんどない高耐用性の積層をあらゆる方向において形成することができます。代表的なアプリケーションは、腐食お…

CoaxPrinter

CoaxPrinterは、フィリグリー構造から複雑な構造や形状まで、アディティブ・マニュファクチャリングの幅広いアプリケーションに対応できます。…