ScanWelder

レーザ溶接 - プロセスモニタリング

ScanWelder

リクエスト

フィラーワイヤを使用しない、コスト効率の高いアルミニウムのレーザ溶接

ScanWelder with IDM
ScanWelder with IDM
ScanWelder

アドバンテージ

  • レーザ出力の制御による最適なシーム

    溶接シームはレーザビームのスキャニング動作により影響を受けます。例えば隅肉溶接の場合、上部シートへ照射されるレーザ出力は大幅に高くなりますが、ScanWelderでは照射されるレーザ出力を調整することができます。ScanWelderでは、一軸のスキャニング動作の折り返し点でレーザ出力を減少して、最適なシーム形状を実現することもできます。 
  • フィラーワイヤを使用しない溶接によるコストと時間の節約

    ScanWelderを使用することにより、通常の溶接方法と比較して、溶接速度の高速化、投資の削減、運用コストの大幅な削減、柔軟なプロセスの構築が可能となります。溶接点までの距離が長いため、プロセスの安全性と安定性にも効果があります。 ScanWelderを使用することで、リモート溶接と「オンザフライ溶接」が可能となり、費用対効果と加工時間の短縮を図ることができます。. 
  • 5xxxおよび6xxxアルミニウム溶接時のプロセス安定性の向上

    車のドア、バッテリーボックス、アンダーライドプロテクションに5xxx / 6xxxシリーズの高強度アルミニウム合金が使用されることが最近の技術の動向です。これらの材料のクラックやポロシティの少ない溶接には、インテリジェントな自動溶接システムが必要です。ScanWelderは入熱量を削減する事を目的としており、それにより最適な溶接シーム形状を実現することができます。

テクニカルデータ

  • ビームオシレーション: 最大 500Hz
  • 調整可能な溶接シーム幅(使用される光学部品による)
  • レーザ出力コントロール (アナログ出力:0-10V)
  • 対応波長: 905-1080nm
  • レーザ最大出力: 16kW
     
ScanWelder データシート のデータシートを今すぐダウンロードしてください。 リクエスト

生産性改善のためのサービス

メンテナンス
メンテナンス

もっと見る

スペアパーツサービス
スペアパーツサービス

もっと見る

ホットライン
ホットライン

もっと見る

トレーニング
トレーニング

もっと見る

もっと見る プロセスモニタリング

プレシテック IDM

プレシテックの IDMは、レーザ溶接プロセス中に溶接深さ測定します。OCTテクノロジーに基づいており、測定データは非常に速い溶接速度においても、常にキーホールの底からのデータを直接測定します。…

WeldMaster 4.0 Scan&Track&Inspect

WeldMater…

WeldMaster 4.0 Inspect

WeldMaster 4.0…

レーザ溶接モニターLWM

「レーザー溶接モニターLWM…

WeldMaster 4.0 Scan&Track

WeldMaster 4.0…

WeldMaster 4.0 Track

WeldMaster 4.0…

これらのセクターもご覧ください

CoaxPrinter

CoaxPrinterは、フィリグリー構造から複雑な構造や形状まで、アディティブ・マニュファクチャリングの幅広いアプリケーションに対応できます。…

金属粉末でのレーザ肉盛溶接用ヘッド YC30 | YC52

パウダー用の特殊ノズルを備えた当社のレーザ肉盛溶接用ヘッドにより、さまざまな用途でレーザクラッディングが可能になります。ピットの発生がほとんどない高耐用性の積層をあらゆる方向において形成することができます。代表的なアプリケーションは、腐食お…

レーザ溶接ヘッド YW30 / YW52

溶接光学系のシンプルな構成もしくは非常に複雑な構成のどちらが必要であっても、当社はお客様の設計仕様とご要望を満足することができます。モジュール構成により、柔軟な構成オプションとシステムへの簡単な組込みが可能になります。当社の溶接ヘッド…

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

*必須事項